レンタルサーバーのPHPバージョンを見直して、WordPressの動作を高速化する

本ブログはWordpressを使用して運用していますが、サーバーはGMOのVALUE SERVERを使用しています。しかし、Wordpressの管理画面等での動作が少し遅いところが気になり、改善する方法を調査していました。
その中で、PHPバージョンを見直したところ、ページ遷移時にかかる時間が劇的に改善したので紹介します。

そもそもWordpressの動作要件は?

2019/3/15時点でのWordpressバージョンは5.1.1になりますが、日本語公式サイトの動作要件を見ると以下のようになってます。

推奨要件

PHP バージョン 7.3 以上。
MySQL バージョン 5.6 以上、または MariaDB バージョン 10.0 以上。
HTTPS 対応

https://ja.wordpress.org/about/requirements/

最低必要要件

Note: If you are in a legacy environment where you only have older PHP or MySQL versions, WordPress also works with PHP 5.2.4+ and MySQL 5.0+, but these versions have reached official End Of Life and as such may expose your site to security vulnerabilities.

https://ja.wordpress.org/about/requirements/

PHPは5.2.4以上、MySQLは5.0以上であれば、Wordpressは動くけど、公式サポートが切れているバージョンであればセキュリティ脆弱性にさらされる可能性があるよ、と書いてあります。

レンタルサーバのサポートしているPHP, MySQLのバージョンは?

僕が使用しているVALUE SERVERで稼働しているPHP、MySQLのバージョンは何になっているのか。
WordPressの稼働環境を表示してくれるプラグイン「Query Monitor」を使用して確認してみました。

PHPのバージョンは5.6.40で推奨要件は満たしていません。
というか、なんか警告マークみたいなのが出てる。。

MySQLは5.5.62で推奨要件は満たしてませんが、特に警告等は出てません。

MySQLは良いとして、PHPのバージョンが警告出てて気になります。
とりあえず、一緒に表示されてるヘルプリンクをクリックしてみました。
以下のWordpress公式のヘルプページに飛びました。

https://wordpress.org/support/update-php/

内容はとしては、「PHPのバージョンを最新版に上げてね。そしたら早くなるし、セキュリティにもより強くなるよ。」って書いてます。

レンタルサーバーでどうやってPHPのバージョン上げるの?

レンタルサーバーの選択ミスったか、と後悔しかけました。
が、いろいろ調べていると、VALUE SERVERでは、モジュール版のPHPFast CGI版のPHPが用意されており、Fast CGI版であれば用意されている好きなバージョンのPHPを選択できることが分かりました。

モジュール版のPHPとFast CGI版のPHPについては、以下サイトを参照ください。

https://qiita.com/SuguruOoki/items/269389f242bd1cd3facb

VALUE SERVERでPHPのバージョンをアップする方法

公式ページに書いてありました。

https://www.value-server.com/faq/#104

これを見ていると、VALUE SERVER利用できるPHPの最新バージョンは7.2のようですね。
VALUE SERVERで利用できるPHPの最新バージョンに上げるには、以下のように設定すれば良いようです。

下記設定をwordpressディレクトリ配下の.htaccessファイルに追記する

AddHandler application/x-httpd-php72cgi .php

設定後の動作を確認

早速設定を入れて、Query Monitorで再確認してみました。

PHPのバージョンが7.2.15になりました!

加えて、管理画面の動作やブログページの遷移等がだいぶ早くなりました。

これでより快適なブログ運用ができるようになりました。
でも、推奨要件は満たしてないので、今後レンタルサーバーの対応状況を様子見る必要がありますね。

コメント