安産祈祷をしてもらいに、帯解寺に行ってきました

僕の奥さんも早くも妊娠5ヶ月目になりました。そこで、安産祈祷をしてもらいに2019年3月2日(土)の戌の日に奈良県の帯解寺(おびとけでら)に行ってきました。

なぜ戌の日?

犬は多産ながら、お産が比較的軽いことから、安産の守護神と言われているそうです。その犬にあやかり、妊娠5ヶ月目の戌の日に腹帯を巻いて安産祈祷をしてもらう、お参りを行うというのが昔からの慣習です。

なぜ帯解寺に?

大阪府在住なので、もともと選択肢として、兵庫県の中山寺か奈良県の帯解寺か、でした。

帯解寺はその場でしっかりご祈祷してもらえ、腹帯に御朱印も押してくれるとのことで、場所的にも近いこちらを選びました。

ご祈祷の流れ

午後一でお寺に着きましたが、土曜日の戌の日ということで、大変混雑してました。が、駐車場は空きがあったのですぐ止めることができ、警備員のおっちゃんも「今日はガラガラな方や〜」と言ってました。

お寺に入ったら祈祷の受付を済ませます。ご祈祷料は一万円也。

お寺でもこうして腹帯が売ってますが、自分のを持ち込んでも御朱印はしてもらえるので、市販のものを買ってから行きました。

お寺のはまぁまぁなお値段です。。

その後お線香をあげまして、

本堂に入ってご祈祷してもらいました。僕は一番後ろで立って見てました。

僕たちは運良く受付後すぐご祈祷してもらいましたが、まとめて何回かに分けて実施されるので、受付のタイミングによってはだいぶ待たないといけないようです。

ご祈祷後は、御守、御札を受け取って終了です。

奥さんに犬土鈴をプレゼント

元気な子どもが無事安全に生まれるように、お寺で売っているこちらの犬土鈴を奥さんにプレゼントしました。
とても喜んでいて会社のデスクに飾っているようです。

戌のお守り「お守りワンちゃん」と「戌土鈴」

コメント