環境構築

Parallels Desktop 15 で Arch Linux を動かす ①仮想マシン作成編

集中できる開発環境を構築したくなったのと、インフラエンジニア時代によく触っていたLinuxが懐かしくなり、Arch LinuxをParallels Desktop15上に導入してみました。

インストールするにあたって下記の記事を参考にしましたが、どれも内容が古く、Parallels15では上手くいかなかったり、不要な設定があったりします。
そのためこの記事で、最新の手順を整理したいと思います。

参考にしたサイト(内容は古いため注意)

Parallels Desktop - ArchWiki
KB Parallels: Installing Arch Linux OS in Parallels Desktop
This page has instructions on installing Arch Linux on your Mac for the first time to use with Parallels Desktop.
https://blue-leaf81.net/archives/parallelsdesktop12-install-archlinux/

動作環境

ちなみに動作環境は以下のとおりです。

  • Macbook Pro 2018 15inch
  • macOS Catalina 10.15.4
  • Parallels Desktop 15.1.3(47255)

まずこの記事では、仮想マシンを作成していきます。
各仮想マシンの設定は、それぞれ好みに設定してください。

1.Arch Linuxイメージファイルのダウンロード

下記のサイトから、Arch Linuxのisoファイルをダウンロードします。
ちなみに僕がダウンロードしたのは、リリース日が2020/05/01のものです。

Arch Linux - Downloads

2.仮想環境の新規作成

Parallels Desktop 15を起動し、仮想環境を新規作成します。
「DVD/イメージファイルからWindows/その他OSをインストール」を選択し、「続行」を押します。

「ファイルを選択する」をクリックし、先程ダウンロードしたisoファイルを選択します。
「OSを検出できません」と表示されますが、気にせずに「続行」を押します。

OSの選択画面が表示されるため、下記画面の通り「その他のLinux」を選択します。

好きな名前をつけて、VMを作成します。
「Macデスクトップ上にエイリアスを作成する」はチェックを外して置きました。

VMが立ち上がり、ArchLinuxが起動します。
以下の画面が表示され起動することが確認できたら、ここでは仮想マシンの設定を行うために、一度シャットダウンします。
「Power OFF」を選択し、Enterを押します。

3.仮想マシンの設定

仮想マシンの設定はデフォルトのままでも、ArchLinuxのインストール、Parallels Toolsのインストールに支障はありません。
もちろん、全てインストール後に設定を変更しても問題ありません。
僕は仮想マシンでもできるだけ独立した環境としたいため、この段階で設定をしています。

実際に変更した部分だけ記載しています。
記載のない箇所はデフォルト設定です。

オプション – 共有
  • フォルダーの共有:なし
  • クラウドのフォルダをLinuxと共有する:チェックを外す
  • MacボリュームをLinuxに割り当てる:チェックを外す
オプション – アプリケーション
  • Linux アプリケーションを Mac と共有する:チェックを外す
  • アプリケーションのフルスクリーンへの自動切り替えを許可する:チェックを外す
オプション – 詳細オプション
  • 時刻:同期しない
  • テキスト書式を維持する:チェックを外す
  • Parallels Tools を自動アップデート:チェックを外す
ハードウェア – CPUおよびメモリ
  • メモリ:4096MB
ハードウェア – 共有プリンタ
  • その他の Linux と Mac のプリンタを共有する:チェックを外す
ハードウェア – ネットワーク
  • ソース:デフォルトのアダプタ
ハードウェア – プリンタ
  • ソース:Disconnected
ハードウェア – サウンドとカメラ
  • サウンド出力:無効
  • マイク:無効
  • Linux と Mac カメラを共有:チェックを外す

仮想マシンの作成は以上です。

続いて、Arch Linuxをインストールしていきます。

タイトルとURLをコピーしました