【JavaScript】Promiseとasync/awaitを理解する

参考URL

Promiseとは

非同期処理が最終的に成功したか失敗したかを表すオブジェクトのこと。
Promiseオブジェクトを自分で作成することもできるが、デフォルトでPromiseオブジェクトを返す関数もある。

Promiseがない場合の非同期処理

非同期に音声ファイルを生成する関数で、コンフィグオブジェクトと2つのコールバック関数を受け取る。
1つは音声ファイルが無事作成されたときに呼ばれ、1つは失敗したときに呼ばれる。

function successCallback(result) {
    console.log("Audio file ready to URL: " + result);
}
function failureCallback(error) {
    console.log("Error generating audio file: " + error);
}
createAudioFileAsync(audioSettings, successCallback, failureCallback);

これをPromiseを返す関数になると、代わりにPromiseにコールバックを登録することができる。