MacbookPro2015にKickflipスタンドを買って付けてみた

買おうと思ったきっかけ

僕のメインPCはMacbook Pro 2015ですが、普通に机の上で使っていると首が痛くなってきます。やはりノートパソコンはディスプレイが下の方になるので姿勢が悪くなってしまいます。

かといって、ディスプレイを目の高さに合わせるようにすると今度はキーボードが打ちづらくなります。外部ディスプレイ、外部キーボード、マウスも場合によって使ってはいますが、なんだかしっくり来なくて悩んでました。

そんなときにネットサーフィンしているとたまたまKickflipというMacbook用のスタンドがあるのを見つけました。

IMG_20180819_115758

装着してみる

IMG_20180819_120436

取り付けはとても簡単で、後ろのこのように貼るだけです。
粘着シートで張り付いているだけで、中性洗剤で洗えば何度でも貼りなおせるようです。
僕はいまのところ剥がれそうな雰囲気もないので、十分な粘着力かなと思います。

とても使いやすくなりました

IMG_20180819_120806

スタンドを立ててみるとこんな感じ。
最初は思ったよりがっつり傾斜がつくように思いますが、キーボードの打ちやすさ、ディスプレイ位置が少し上がることによる首の疲労感の軽減はなかなかな効果です。

キーボードの打ち心地かなり変わるので、僕のメイン作業のプログラミングのコーディング作業もかなり捗るようになりました。

また、夏の時期は底部に空間ができることによる排熱効果も期待できそうです。

価格の割にいろいろと効果があるので、なかなかおすすめの商品です。

共有